お金

お金の増発率

一般的に経済の成長と比例してお金の発行高も伸びていきます。お金は金融動向を的確に示すだけだなく、日本経済が現在どのような動きを示しているかの一つの指標にもなります。そこでお金の平均発行高が関心深いものになります。とりわけ前年同月に比べた増発率がどの程度かをみることによって、消費や生産のそのときどきの実態を知る有力な手がかりになります。近年ではお金の増発率は9〜10%と、標準的な水準になっていますが、列島改造ブームに沸いた昭和48年の増発率はじつに26.9%を記録し、紙幣がどんどん増え、乱れ飛んだのです。当然こうなってくると、消費者の懐は豊かになり、より豊かな生活を求める人たちがレディースキャッシングや消費者金融を利用して、金融業界も活性化されていったのです。ただ、1980年を境に2〜3%の増発率へと落ち込んでいきます。もっとも、現在10%前後の伸びは決して楽観すべき数字ではありません。インフレが懸念されるよう警戒ゾーンとみていいのです。

即日融資

貯蓄

家計(家庭)では所得の一部を飲食費や被服費などの消費に使い、もう一方では所得の一部を税金に支払います。消費と税金に払った残りの部分を、銀行に預金をしたり、レディースキャッシングの支払いに回します。企業の場合は、売上高から人件費、光熱水費、原材料費などのさまざまの費用を支払い、残りが利益となります。社内留保は会社の貯金のことで、企業の将来の発展や不時の支出に備えますがこれは家計の貯蓄と同じことです。